« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

この日の盲導犬の学習の進捗状況

猫の病気は、初期の頃は飼い主も気がつきにくいものです。猫が吐いたり、下痢をしたりして初めて、病気だとわかることもあります。

近くの角がやたら騒々しくて何だろうと思って観察してみると車がぶつかったようですね。このような光景を見かけてしまうと嫌ですね。とはいえ、なんとか盲導犬の勉強をしていこうと思います。

来る日も来る日も盲導犬の勉強ばかりやっていてよくうんざりしないなと自分のことながら感心してしまいます。勉強なんていう呼び名がよくないのですね。盲導犬の学習はどちらかというとライフワークみたいな感じなので。本日は本を延々と見てました。あれこれ工夫して、盲導犬の勉強過程で身についたことを紙に写したりしていました。そこそこ効果的な学習になったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

盲導犬

動物学上での犬の特徴は、その嗅覚にあり、人間の数万倍も鋭いと言われます。聴覚も鋭い一方で、色覚はほとんどありません。

スポーツニュースから目が離せない。ゴルフもいいけどサッカーも気になる。ヒーローが出てくるとうれしいですね。

ところで、最近気にしているのが盲導犬です。こういうことはさっそく検索、ってことでパソコン使っていろいろと探しました。ううむ、ネットはいいものだ。盲導犬だけでなく、おおかた調べられます。盲導犬のホームページが多数見つかりました。この話はまたじっくり話しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

この日の盲導犬の勉強の進み具合

ネコの品種のひとつ、アメリカンカールの特徴的な耳は、突然変異によるものと考えられています。これは優性遺伝で、アメリカンカールから生まれる子猫のうち、少なくとも半分は同様にカールした耳を持っています。

先日玄関で足を打ってしまい、今もって痛いです。本当に激痛でした。間抜けな性格なので仕方がないことなんですけれども泣きそうなくらい激痛が走りました。ぼけっとせずに気をしっかり持たないといけません。

ネットを使い出すようになってから、盲導犬の学習に深みができるようになりました。ひとのサイトや情報ページを見ているとたったそれだけで盲導犬の学習になるのです。ときには市販の書籍と比べても充実しているサイトもあるくらいです。グーグルを使えば調査したいことがすぐに見つけられますから便利のいい時代になったものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

盲導犬話題

猫の何かの変化を感じて「病気かもしれないな」と思ったら、速やかに、かかりつけの動物病院の獣医さんに相談しましょう。動物病院では、猫の病気の症状に応じた検査と、薬の処方をしてくれます。

スポーツニュースから目が離せない。サッカーもいいけどゴルフも気になる。日替わりでヒーローが出るとテンション上がります。

そうそう、ずっと興味があるのが盲導犬。こういうことはすぐに調査、ってことでグーグル先生でサクサクサイトを見つけていました。いやあしかしネットって便利ですね。盲導犬だけでなく、たいていのものはきちんと探せば出てきます。盲導犬のブログやホームページがうじゃうじゃ出てきた。盲導犬のことは後でゆっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月23日 (水)

いつもどおり盲導犬の勉強しています

世界中で日本以外に狂犬病が発生していない国・地域は、イギリス・アイルランド・アイスランド・ノルウェー・スウェーデン・台湾・ハワイ・グァム・フィジー・オーストラリア・ニュージーランド・プーケットと非常に少ない。撲滅した国は日本や台湾、ニュージーランド、イギリスなど島国が多い。

ほとんどないのですが父から電話がきました。月に1~2度電話をかけてくるのですが、いつも他愛のない話しかしてこないのですが。退屈みたいで世間話の相手を見つけて電話をかけているみたいです。ちょっとくらいなら話し相手くらいいいでしょう。

盲導犬の勉強の途中で宅配がきたり集金がきたりして落ち着かない感じでしたが、一応最後までしました。今日はこれから片付けないといけないことをいくつか抱えていますので盲導犬の勉強はまた明日します。そうがりがりと勉強だけをやるというふうにはいかないので、自分のペースで進めていこうと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

本日の話題

猫を飼いたいけれど、飼い方がよくわからない、という相談をよく聞きます。猫を飼う時には、まず、飼い主の義務と責任について、しっかりと認識しておきましょう。

なぜだ、ボタンがまたきつくなった?またまた太ったか?メタボに気を配らないとまずいなあ。そういや家族からもこのごろやばくなってきているといわれる・・・。

後で盲導犬の情報サイトでも調査しておこうかな。ちょっと家族で話にのぼったものでね。いろいろ見ておこうかな。盲導犬のサイトすぐ見つかるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この日の盲導犬の学習の進み具合

シャルトリューはネコの品種のひとつで、原産国はフランスです。性格は、人懐っこく大人しくて飼い主のあとによくついてきます。あまり鳴かず辛抱強い面があるため、体調管理には気をつける必要があります。口元をすぼめて、まるで微笑んでいるような表情が特徴的です。

先日台所で足を打ってしまい、今もって腫れがひきません。ものすごく痛みが走りました。どんくさい性格なのでよくあることと思いますが、本当に激痛が走りました。ぼけっとせずに気をしっかり持たないといけないですね。

ネットを利用するようになってから、盲導犬の学習に幅が出来るようになってきました。誰かの書き込みや情報ページを閲覧しているとそれだけで盲導犬の学習になるのです。ときには市販の本と比しても負けないくらいブログもあります。グーグルを使えば探していることがすぐにわかりますから本当によい時代になったものだと感心しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

なんというかいろんなことが起こりました

猫は単独行動を好みます。自主性が強く人の言いなりになりません。ご主人様を見かけても、フンとそっぽを向いて知らん顔。ご主人様の顔色をしょっちゅう伺っている犬に比べて何たる傲慢さ。この傲慢さがMな人には向いているんですね。

しくじってしまいました。人と約束をしていたことをつい忘れておりました。とはいうもののしてしまったことを嘆いても仕方がないです。気持ちを切り替えて盲導犬の学習を先に進めていってしまおうと思います。にしても繰り返し同じミスを起こしてしまうのは性格でしょうか。

何やかんや同時にしながら盲導犬の学習をしてしまい、どうもできませんでした。何か別のことをやりながらというながら勉強は効果がうすいみたいですね。やはりきちんとすることが大事だと思いました。盲導犬の勉強も倦怠期にあるので油断しないでちゃんとやらないといけないですね。明日は多めに時間がありそうなので盲導犬の学習を進めていこうと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »